PR

ニュース 政治

チャーター機第2便が到着 210人帰国 新型肺炎、対策本部初会合へ

羽田空港に着陸する中国・武漢から避難する邦人を乗せたチャーター機=30日午前、羽田空港(川口良介撮影)
羽田空港に着陸する中国・武漢から避難する邦人を乗せたチャーター機=30日午前、羽田空港(川口良介撮影)

 中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大し続けているのを受け政府は30日、安倍晋三首相を本部長とする対策本部の設置を持ち回り閣議で決定し、初会合を首相官邸で開く。これに先立ち、現地在住の邦人210人が、日本政府による全日空チャーター機の退避第2便で武漢から羽田空港に到着した。退避第3便も予定している。

 日本政府は29日帰国の第1便と同様、機内検疫や到着後の検査を徹底し、国内での感染拡大防止に万全を期す構えだ。210人は全員が日本国籍。

 政府は昼の対策本部初会合で、ヒトからヒトとみられる日本人男性の感染が奈良県で初確認されたことなどを踏まえ、今後の対応を検討する。

 第1便では日本国籍の206人が帰国した。同意を得られなかった2人を除き、症状のない人も全員ウイルス検査した。厚生労働省や東京都によると、13人に発熱やせきなどの症状があり、12人が入院した。うち5人は新型コロナウイルスの検査で陰性と判明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ