PR

ニュース 政治

武漢へ第2便出発 さらに増便も 政府、対策本部設置へ

武漢から羽田空港に到着した全日空のチャーター機第1便=29日午前、東京・羽田空港(桐原正道撮影)
武漢から羽田空港に到着した全日空のチャーター機第1便=29日午前、東京・羽田空港(桐原正道撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市を含む湖北省に在留する邦人を帰国させるための全日空のチャーター機が29日夜、武漢市に向けて羽田空港を出発した。29日に206人を乗せて帰国したチャーター便に続く第2便。湖北省内では帰国を希望する邦人が450人以上残っており、第2便は約200人の邦人を乗せて30日朝に同空港に到着する予定だ。

 帰国希望者はさらに増えており、政府は30日に第3便を出発させる方向で中国政府と調整している。全員の早期帰国に向け、同日中にさらに1機派遣することも検討している。

 安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で「政府の最大の使命は国民の生命を守ることだ。拡大防止に向け全力を尽くしていく」と強調した。政府は30日に首相を本部長とし、全閣僚で構成する対策本部の設置を閣議決定する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ