PR

ニュース 政治

新型肺炎感染者を想定した対応を確認 宮城県が緊急の専門部会

新型肺炎の感染拡大を受け、緊急で開かれた県感染症対策委員会の専門部会=29日、県庁(千葉元撮影)
新型肺炎の感染拡大を受け、緊急で開かれた県感染症対策委員会の専門部会=29日、県庁(千葉元撮影)

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、国内感染とみられる日本人も確認されたことを受け、宮城県は29日、専門家や医師会などで構成する感染症対策委員会の専門部会を緊急で開き、県内で感染者が出た場合の搬入先など対応を確認した。

 この日の部会では、感染者が出た場合、医療機関が保健所へ連絡する際の流れも確認した。現在、新型肺炎の検体検査は東京都の国立感染症研究所で行われているが、県によると、仙台市内の2施設で近く実施できるようにするという。

 部会長で東北医科薬科大の賀来満夫特任教授(感染症学)は「県民をどう守れるかをテーマに進めていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ