PR

ニュース 政治

帰国の206人、搭乗前検査で感染者なし 政府チャーター機

武漢から到着するチャーター機を出迎えるために、羽田空港内に入る数十台の救急車=29日午前、東京・羽田空港(桐原正道撮影)
武漢から到着するチャーター機を出迎えるために、羽田空港内に入る数十台の救急車=29日午前、東京・羽田空港(桐原正道撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市を含む湖北省に在留する邦人を帰国させるため、政府が武漢空港に派遣したチャーター機は29日午前8時40分ごろ、206人を乗せて羽田空港に帰国した。

 湖北省内では帰国を希望する邦人が少なくとも約450人残っており、政府は全員の早期帰国に向け、第2便の派遣について中国政府との調整を急ぐ。

 外務省によると、搭乗前の検査では、新型肺炎の発症者はいなかった。

 帰国途中のチャーター機内でも、同乗した厚生労働省の医療チームがサーモグラフィーなどによる検疫を実施。肺炎の症状がみられない人も帰国後は全員、都内の医療機関に移動し、再度、検査を行う。

 外務省によると、今回帰国した206人は武漢市内に在留していた邦人で、外国籍の配偶者などは含まれていない。

 感染源とされる海鮮市場や人の往来が多い武漢空港の近くに住む人を優先した。武漢市内では23日から公共交通機関の運行が停止しており、邦人の空港までの輸送は、日本貿易振興機構(ジェトロ)が確保した車両を活用した。

 チャーター機は28日午後8時半過ぎに羽田空港を出発し、日本時間29日午前零時半ごろ、武漢に到着。中国政府の要請に応じて輸送したマスク1万5000枚)や防護服セット(50セット)、防護めがね(8000個)などの支援物資を引き渡し、日本時間29日午前6時前、武漢空港を出発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ