PR

ニュース 政治

武漢へのチャーター機派遣、28日午後以降に延期へ

保健所で問診を受ける新型コロナウイルスが疑われる女性(右から2人目)=27日、中国湖北省武漢市(Chinatopix・AP)
保健所で問診を受ける新型コロナウイルスが疑われる女性(右から2人目)=27日、中国湖北省武漢市(Chinatopix・AP)

 政府は28日、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中国湖北省武漢市に滞在する邦人を帰国させるために派遣を予定していたチャーター機について、当初予定していた同日午前の出発を取りやめ、同日午後以降に延期する方針を決めた。複数の政府関係者が明らかにした。

 延期の理由について、政府高官は離着陸の許可をめぐり「中国側と調整に時間がかかっている」と説明。外務省幹部は「武漢は空港も閉まり、人がいない。邦人を空港に運ぶにも許可が必要だ」と語った。

 27日に中国の李克強首相が習近平国家主席の指示で武漢入りし、警備が強化されたことや、米国など他国のチャーター機との調整の影響との見方もある。

 政府はチャーター機2便を28日午後にも派遣したい意向だが、29日以降にずれ込む可能性もある。菅義偉(すがよしひで)官房長官は28日午前の記者会見で「具体的な日時を含め、中国政府とさまざまなレベルで調整を進めている」と述べた。

 政府は当初、成田-武漢間に定期便を持つ全日本空輸が運航するチャーター機2便を28日午前に羽田空港から出発させることを計画。午後に武漢市に到着、帰国を希望する邦人を乗せ、夜に羽田空港に到着する予定だった。

 チャーター機では防護服やマスクなど支援物資を運ぶほか、帰国する人の健康状態を確認するため、医療関係者も同乗させる予定。政府はチャーター機での帰国者に対し、2週間程度、勤務先企業などを通じて自宅待機などの経過観察を求める方向だ。

 邦人の帰国をめぐっては、武漢市が市外への感染拡大を防ぐため、空港や鉄道駅を閉鎖するなど公共交通機関の運行を停止し、自力での退避が困難になっている。外務省は26日午後から湖北省に滞在する邦人を対象に帰国希望調査を始めていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ