PR

ニュース 政治

新型肺炎を指定感染症に 28日午前にチャーター機出発

衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=27日午前、国会内(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=27日午前、国会内(春名中撮影)

 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、感染拡大が続く新型コロナウイルスの肺炎について、感染症法で定める「指定感染症」とする方針を示した。28日の閣議で決定する。指定は平成26年の中東呼吸器症候群(MERS)以来。首相は「感染者に対する入院措置や、公費による適切な医療などを可能とするためだ」と説明した。

 指定後は、都道府県知事が患者に入院を勧告したり、一定期間仕事を休むよう指示したりできる。勧告に従わない場合は強制入院の措置も可能になる。入院の医療費は公費負担となり、患者は全数報告の対象となる。

 肺炎が発生した中国湖北省武漢市に滞在する邦人の帰国のため、全日本空輸が運航するチャーター機2便が28日午前中に羽田空港を出発し、防護服やマスクなどの支援物資を運び、現地で邦人を乗せ、同日夜に帰国する予定。

 湖北省に滞在する邦人は「現在までに約560人」(茂木敏充外相)が確認されている。チャーター機の派遣にあわせ、ホンダは武漢の駐在員や家族、出張者計約30人を帰国させる方針。流通大手イオンや半導体製造装置大手の東京エレクトロン、日本通運も駐在員を帰国させる。

 政府は当初、世界保健機関(WHO)が新型肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言しなかったため指定感染症とするのを見送っていたが、感染拡大が続き、中国政府も感染力が強まっているとの見解を示したことから方針を転換した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ