PR

ニュース 政治

任期内に内閣改造 改憲は困難視 人事めぐり甘利氏

 自民党の甘利明税調会長は23日、TBSのCS番組収録で、安倍晋三首相が来年9月の総裁任期満了までに最後の内閣改造・党役員人事を実施するとの見方を示した。首相が党総裁連続4選を目指さないことを前提にした。任期中の憲法改正実現は「日程的に厳しい」と指摘した。

 人事について甘利氏は「終わりと見られればレームダック化する。だが首相は最後に、党も内閣も自分が描く理想的なオールスターでそろえ、安倍政治の集大成として締めくくる」と述べた。

 首相後継の「ポスト安倍」が菅義偉官房長官となる可能性は低いとした。「安倍内閣の鉄壁の守り役だ。首相に就任して一人二役となると、うまく進まない」と分析した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ