PR

ニュース 政治

合流見送りで立民・枝野氏「残念」、国民・玉木氏「また機運」

衆院本会議に臨む国民民主党・玉木雄一郎代表(左)と立憲民主党・枝野幸男代表=22日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議に臨む国民民主党・玉木雄一郎代表(左)と立憲民主党・枝野幸男代表=22日午後、国会(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は22日、国民民主党に呼びかけた政党合流が当面見送りとなったことについて「残念だ」と述べた。両党の溝が深まったとの指摘に対しては「そういう心配はない」と否定した。国会内で記者団に語った。

 一方、国民の玉木雄一郎代表は記者団に「国会でともに戦う中でさらに信頼醸成ができ、衆参で自然と皆が納得する形で一つになろうという機運がまた生まれてくる」と語った。

 立民の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長は21日、両党の合流を当面見送る方針で一致した。国民の党内論議で、早期合流に慎重な意見が大勢を占めたことを踏まえた。両幹事長は当面、統一会派の枠組みで国会での共闘などを深めることを確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ