PR

ニュース 政治

立・国合流、当面見送り 幹事長、国会共闘は確認

会談に臨む国民民主党・平野博文幹事長(左)と立憲民主党・福山哲郎幹事長=21日午後、国会内(春名中撮影)
会談に臨む国民民主党・平野博文幹事長(左)と立憲民主党・福山哲郎幹事長=21日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長が21日、両党の合流協議を巡り国会内で会談した。国民が20日の党会合で合流に関して結論が出なかったことを踏まえ、今後は国会での共闘や選挙協力を深めると確認した。当面、合流は見送る。

 立民の枝野幸男代表らはこれまでの協議で、存続政党や党名を立民とする内容の合流条件を国民に示し、通常国会召集日の20日までに可否を決めるよう通告。国民では衆院を中心に早期合流を求める声がある一方、玉木雄一郎代表らは事実上の吸収合併になるとして党名の変更などを主張し、協議継続を訴えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ