PR

ニュース 政治

【安倍首相施政方針演説全文(4)】「少子高齢化克服の鍵は1億総活躍」

衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=20日午後、国会・衆院本会議場(鴨川一也撮影)
衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=20日午後、国会・衆院本会議場(鴨川一也撮影)

五 1億総活躍社会

(全世代型社会保障)

 この春から、大企業では、同一労働同一賃金がスタートします。正規と非正規の壁がなくなる中で、パートの皆さんへの厚生年金の適用をさらに広げてまいります。3千億円を上回る、ものづくり補助金、IT補助金、持続化補助金により生産性向上への支援、社会保険手続の負担軽減を行いながら、従業員50人を超える中小企業まで段階的に拡大します。

 高齢者のうち、8割の方が、65歳を超えても働きたいと願っておられます。人生100年時代の到来は、大きなチャンスです。働く意欲のある皆さんに、70歳までの就業機会を確保します。

 こうした働き方の変化を中心に据えながら、年金、医療、介護全般にわたる改革を進めます。

 年金受給開始の選択肢を、75歳まで広げます。在職老齢年金についても、働くインセンティブを失わせることのないよう、見直しを行います。

 2022年には、いわゆる団塊の世代が75歳以上の高齢者となる中で、現役世代の負担上昇に歯止めをかけることは、待ったなしの課題です。

 年齢ではなく、能力に応じた負担へと見直しを進めます。75歳以上であっても一定以上の所得がある方には、窓口での2割負担を新たにお願いすることを検討します。併せて、かかりつけ医機能の強化を図るため、大病院の受診に定額負担を求めることで、現役世代の負担上昇を抑えます。

 医療や介護について、予防への取り組みを強化することで、いつまでも健康で、活躍できる社会づくりを行います。

 子供たちから、子育て世代、現役世代、そしてお年寄りまで、全ての世代が安心できる「全世代型社会保障制度」を目指し、本年、改革を実行してまいります。

(子育て支援)

 子供たちの未来に、引き続き、大胆に投資してまいります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ