PR

ニュース 政治

「話題そらしなら許しがたい」 立民・安住氏、小泉環境相育休取得で

会談後、記者団の質問に答える立憲民主党・安住淳国対委員長(中央)。左は国民民主党・原口一博国対委員長=15日午前、国会内(春名中撮影)
会談後、記者団の質問に答える立憲民主党・安住淳国対委員長(中央)。左は国民民主党・原口一博国対委員長=15日午前、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は15日、小泉進次郎環境相が育児休暇の取得を検討していることについて、政治資金に関する週刊誌報道を挙げ「不明朗な政治資金の使い方について、話題をそらすために育休の話を持ってきたとしたら許しがたい」と述べた。国会内で記者団に語った。

 安住氏は育休については「大臣の職に支障のない限り、どんどんやればいい」としつつ「政治資金問題に対して真摯(しんし)に答えを出さなければいけないのではないか。厳しく追及する」と強調。「国会でのそういう説明責任を逃げてはだめだ」と語った。

 週刊文春は、小泉氏が独身時代に既婚女性とホテルに宿泊した際の代金が政治資金で支払われたと報じられた。小泉氏はこれまで「法令にのっとって適正に処理していると認識している」と述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ