PR

ニュース 政治

【政界徒然草】岸田派の軍師にベテランが就任する理由

 首相は1日放送のテレビ朝日番組で「岸田氏は次の総裁選に出ると明確に言っている。(次の打順を待って)バットをぶんぶん振っている。もうじきその音が聞こえてくると思う」と述べ、存在感が今後高まることへの期待感を示した。

 秋波を送られた岸田氏も4日、地元・広島市内で初詣後、「私自身が評価されたということであるならば光栄なこと」と記者団に応じた。

 首相の期待を具現化するためにも、今後は岸田氏の軍師役となる根本氏の調整能力が試される。

 試金石となるのが、望月氏の弔い合戦となる4月の衆院静岡4区補欠選挙だ。自民党では、望月氏の後継とされる県議のほか、二階派(志帥会)から別の県議が立候補を目指す動きも取り沙汰される。まずは岸田派の候補をしっかり党公認としたうえで、補選を勝利に導くことができるかが問われる。

(政治部 長嶋雅子)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ