PR

ニュース 政治

【駆け巡れ!! 子年男・女】菅義偉官房長官 国民の「おかしい」大事にしたい 「令和おじさん」人気…何となく違和感(昭和23年生まれ)

インタビューに応じる菅義偉官房長官=23日午後、国会内(春名中撮影)
インタビューに応じる菅義偉官房長官=23日午後、国会内(春名中撮影)
その他の写真を見る(2/3枚)

 そのためにも、ベンチャー企業の経営者や官僚、マスコミなどいろいろな方々と会い、できるだけ幅広く現状を認識するように努めています。「自分で自信を持ってできるか、できないか」は「現実を確実につかんでいるか、つかんでいないか」で違うからです。

 安倍政権は8年目に入りました。政権政党として権力を握ることはものすごい重圧との戦いです。重圧に負けそうなときはあるかって? いつもですよ。

 日本は世界で3番目の経済大国で、人口は1億2000万を超えており、次から次へと起こるいろいろなことにしっかり対応しなければダメだと常に意識しています。一つのことを乗り越えて「ああ、これで終わったな」と思うと、また判断を迫られる出来事がすぐに起こる。それが権力です。

 官房長官になって、実感しているのは役所がいかに縦割りかということです。縦割りをどういう形で壊し、国民の皆さんが期待する方向に物事を進めていくか。ある意味で、そこに楽しみを覚えながらやっていないわけでもないです。

 首相とは第2次安倍政権発足以降、一緒に政権運営にあたっていますが、「強硬一辺倒の安倍晋三」という姿を見たことがない。未来をよく見据え、その中で何が大事かを常に考えながら懐深く、幅広く、政治を前に進めていく。私は節目節目で必ず首相に報告し、了解を取りながら政策を進めていますが、首相は非常に現実的な政治家です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ