PR

ニュース 政治

【駆け巡れ!! 子年男・女】菅義偉官房長官 国民の「おかしい」大事にしたい 「令和おじさん」人気…何となく違和感(昭和23年生まれ)

インタビューに応じる菅義偉官房長官=23日午後、国会内(春名中撮影)
インタビューに応じる菅義偉官房長官=23日午後、国会内(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 年男として迎えた今年の目標ですか? 第2次安倍晋三政権発足以来、政権が明確に掲げてきている経済再生や外交・安全保障の再構築、全世代型社会保障制度の実現にしっかり取り組んでいきたいと思います。

 私自身、秋田で育ったので、地方創生を高らかに掲げ、インバウンド(訪日外国人旅行客)政策や農業改革で地方の所得を引き上げたい。そうすれば地方に人が住むからです。個人の目標…。官房長官をやっている限り持てないでしょう。仕事をしっかりやることが一番です。

 昨年は憲政史上初の天皇陛下(現上皇さま)のご譲位と天皇陛下のご即位、改元に伴う新元号発表や祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀(祝賀パレード)など一連の大事な皇室行事をつつがなく執り行うことができ、ほっとしているというのが率直な感想です。

 新元号を発表したことで「令和おじさん」と呼ばれ、中高生の女の子から声をかけられることが多くなりました。でも、自分自身では何となく違和感というか、これまで政治活動としての座談会や早朝の街頭演説などで勝ち上がってきたので、それらとは全く風景が変わった感じですね。

 私はたたき上げですから、国民から見ておかしいことは「おかしい」と言う。そこは大事にしていきたい。そうでなければ何のために政治家になったのかが分からない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ