PR

ニュース 政治

【外交安保取材】韓国で東京五輪の印象悪化狙ったプロパガンダまたも

 政府の小委員会の資料などによると、2016年のサブドレンからのトリチウム排出量は年間約1300億ベクレルだったが、韓国の主要原発である月城原発が16年に液体放出したトリチウムの量は約17兆ベクレルで約130倍だった。

 首相が日韓首脳会談で言及した「100分の1以下」は、まだ控えめな指摘だ。

 日韓外交筋によると、首相の発言に文氏は反論しなかったという。

 在韓国日本大使館はホームページ上で、福島市、いわき市、東京、ソウルの放射線量(マイクロシーベルト/時間)を公表している。1月7日は福島市0・131▽いわき市0・060▽東京0・037▽ソウル0・151で、ソウルの線量は東京の約4倍だった。

 いずれも何ら問題のない数値だが、VANKの担当者が言うように、仮に東京に「放射能の安全性問題」があるならば、論理的にソウルは東京の約4倍の安全性問題があることになる。実態を踏まえない非科学的な主張には、科学的・論理的に対抗していくべきだろう。

(政治部 原川貴郎)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ