PR

ニュース 政治

【会見動画あり】「総務省は次官が辞め、私どもも副社長が辞めイーブンだ」 かんぽ不正会見詳報 

会見に臨む(左から)日本郵便の横山邦男社長、日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命の植平光彦社長=27日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)
会見に臨む(左から)日本郵便の横山邦男社長、日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命の植平光彦社長=27日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)

 かんぽ生命保険の不適切販売問題で、27日に辞任を表明した日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命保険の植平光彦社長、日本郵便の横山邦男社長の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 --辞任を決めた時期は

 長門氏「お客さまの信頼を毀損(きそん)し、国に迷惑をかけ断腸の思い。8月の上旬には責任を取らねばならないと覚悟していた」

 植平氏「6月の末。退任は頭にあったが、お客さまの不利益解消を優先する考えだった」

 横山氏「不利益解消と再発防止策を最優先でやってきた。12月ぐらいから辞任を意識していた」

 --なぜこうした事態に至ったか

 長門氏「経営は結果責任。私自身の経営力の無さ。環境のせいではない。深く反省している」

 --検討中の行政処分案を鈴木茂樹前総務事務次官から聞き出していた日本郵政の鈴木康雄上級副社長も辞任する

 長門氏「20日夕に高市早苗総務相から(漏洩=ろうえい=について)照会され、大事な問題と認識していた。総務省の事務方トップが辞め、鈴木副社長も大変重大なことと認識し本日、自ら辞職という道を選んだ。これを受け、当社としては調査を行わないと決断した」

 --“役所体質”との指摘がある

 長門氏「民営化してからの12年は長い歴史のごく一部。民間との違いは乗り越えなければいけない。乗り越えないと上場企業としてやっていけない」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ