PR

ニュース 政治

中谷元防衛相、海自派遣で「ホルムズ海峡護衛が国益」

 自民党の中谷元(げん)元防衛相は27日、中東海域への海上自衛隊派遣が閣議決定されたことに関し、産経新聞の取材に「シーレーン(海上交通路)を守るためなら、ホルムズ海峡やペルシャ湾を護衛するのが日本の国益だ」と語った。日本が輸入する原油の8割以上は、船舶によりペルシャ湾沿岸国からホルムズ海峡を通過して運搬される。

 また、「他国船舶を警護するために必要な武器使用を可能にする法改正を検討しておくべきだ」と述べ、自衛隊の活動拡大を求めた。政府は、不測の事態が生じた際には武器を使用できる海上警備行動を発令する方針だが、国際法との整合性から武器で保護できる対象を日本籍の船舶に限る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ