PR

ニュース 政治

石破氏、首相と違うのは「国民に正面から向き合うか」

自民党・石破茂氏(春名中撮影)
自民党・石破茂氏(春名中撮影)

 自民党の石破茂元幹事長は26日夜、インターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」の番組に出演し、自身と安倍晋三首相の違いについて「国民に向かって真剣に正面から語るかどうかだ。首相はうまく(批判を)かわす政治家かもしれないが、私にはできない」と述べた。

 党総裁選を念頭に、国会議員の支持拡大が難航していることについては「選挙の応援には誰よりも行っている。今の議員さんは選挙応援に来てくれたということに価値がないらしい」とぼやき、石破氏に近い議員の言葉を引用して「『あの人と話をしてもしようがない』と言うのが石破さんのいけないところだと批判される。その通りだ」とも語った。

 自身が首相になった際の外交政策に関して「韓国と適切な関係を保つかが死活的に重要だ。日韓関係がうまくいかずに日本の外交がうまくいくはずがない」と述べ、対韓重視外交の考えを強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ