PR

ニュース 政治

枝野氏「コメントすべきでない」 大学教授へのレイシズム発信

会見で記者団の質問に答える立憲民主党・枝野幸男代表=26日午後、国会内(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える立憲民主党・枝野幸男代表=26日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、同党の石垣のり子参院議員から「レイシズムとファシズムに加担するような人物」とツイッターで発信された嘉悦大の高橋洋一教授から「党代表としての見解」を求められていたことに関し、「私が何かコメントすべき問題だと思っていない」と述べた。

 石垣氏は11月28日、れいわ新選組の山本太郎代表らが共催する「消費税減税研究会」の講師に高橋氏が招かれたことに反発し、その理由をツイッターで発信した。

 高橋氏は直後にツイッターで石垣氏に「私がレイシズムとファシズムということですが、何を根拠とされているのでしょうか教えていただけますか」と質問。しかし、回答がなかったことから、枝野氏に対し「貴党所属の石垣のりこ参院議員はツイッターで私をファシスト、レイシスト呼ばわりしています。貴党代表としての見解を教えてください」と書き込んでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ