PR

ニュース 政治

国民・玉木代表、立民との合併協議で「まだ根本で折り合ってない」

党首会談を終え握手する立憲民主党・枝野幸男代表(右)と国民民主党・玉木雄一郎代表=17日午後、国会内(春名中撮影)
党首会談を終え握手する立憲民主党・枝野幸男代表(右)と国民民主党・玉木雄一郎代表=17日午後、国会内(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は25日の記者会見で、立憲民主党との政党合流をめぐる幹事長間協議について「問題は多岐にわたり、まだ根本のところで折り合っていないという話も聞いている」と述べ、政策や理念のすり合わせが進んでいない状況を示唆した。

 玉木氏は「今はそこまで議論がいたっていないが、技術的な調整事項にあわせ、大義をしっかりと議論し、国民に示すことが不可欠だ」と語り、技術的な課題が先行する一方、何のための合併かという「大義」の議論に至っていないとの認識を示した。「それぞれの立場を主張しあいながら厳しい協議をしている。まずはその協議を見守りたい」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ