PR

ニュース 政治

【首相記者会見詳報】(1)徴用工問題「韓国側の責任で解決策示すべきだ」

会談を前に握手を交わす韓国の文在寅大統領(左)と安倍首相=24日、中国・成都(共同)
会談を前に握手を交わす韓国の文在寅大統領(左)と安倍首相=24日、中国・成都(共同)

 安倍晋三首相は24日、訪問先の中国四川省成都で記者会見に臨み、日韓関係の悪化を招いたいわゆる徴用工問題について「(韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対して)韓国側の責任で解決策を示すべきだ。日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを韓国側から作るよう求めた」と述べた。詳細は以下の通り。

 「北朝鮮による度重なる弾道ミサイルの発射が続いています。私たち3カ国はこの状況に強い懸念を有している。本日の日中韓サミットでは、この認識で一致しました。3カ国は米朝プロセスの進展を完全に支持します。プロセスが正念場を迎える中で、さらなる挑発行動は自制すべきである。それが一致したメッセージであります。朝鮮半島の完全な非核化に向けて3カ国が協力し、それぞれができる限りの努力を行っていく、その認識を共有しました」

 「最重要課題である拉致問題については、その早期解決を目指すわが国の立場に中国、韓国から理解をいただきました。拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指すとのわが国の方針に変わりはありません。韓国の文在寅大統領とも北朝鮮問題に対する日韓の緊密な連携を確認しました。現在の東アジアを取り巻く厳しい安全保障環境のもとで、日韓の協力は極めて重要です。韓国は重要な隣国であります。しかしながら、国交正常化の基礎となった日韓基本条約、日韓請求権協定が守られなければ、国と国との関係は成立しない、成り立ちません」

 「文在寅大統領には、旧朝鮮半島出身労働者問題に関するわが国の立場を伝えました。国と国との約束を順守してもらわなければなりません。韓国側の責任で解決策を示すべきである。日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを韓国側から作るよう求めました。日中韓サミットがスタートして20年です。この枠組みのもとで経済、文化、スポーツ、幅広い分野での協力によって人々の交流はその厚みを増してきました」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ