PR

ニュース 政治

菅官房長官、日中韓サミットは「RCEPや日中韓FTAの議論に期待」

会見で記者団の質問に答える菅義偉官房長官=24日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える菅義偉官房長官=24日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、日中韓3カ国首脳による日中韓サミットに関し、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期署名や、日中韓FTA(自由貿易協定)の交渉進展の重要性についてしっかり議論を行われることに期待感を示した。

 約1年3か月ぶりとなる日韓首脳会談については、特に北朝鮮問題について「日韓共通の関心事項であり、関連する諸懸案の解決に向けた連携はしっかり確認したい」と述べた。

 一方、23日に行われた日中首脳会談は「現在の日中関係の改善、発展の流れを一過性のものとしないため、さまざまな懸案をしっかりと議論し、日中新時代を切り開いていきたい」と強調した。

 来年春に中国の習近平国家主席を国賓として迎える方針については「日中両国はアジアや世界の平和、安定、繁栄にも大きな責任を有している。その責任を果たすとの意思を明確にすることが求められている」と説明し、方針に変更はない考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ