PR

ニュース 政治

事故で重傷の馬淵氏、順調な回復訴え 「野党総体が結集を」 

インタビューに応じる馬淵澄夫衆院議員=20日、東京都新宿区(中村智隆撮影)
インタビューに応じる馬淵澄夫衆院議員=20日、東京都新宿区(中村智隆撮影)

 11月の交通事故で1カ月の重傷を負った馬淵澄夫元国土交通相が20日、産経新聞のインタビューに応じた。順調な回復を訴え、復帰後は幅広い野党が参加する連立政権構想の実現に尽力する考えを示した。「立憲民主、国民民主両党の合流は喜ばしいが、野党総体が結集しないと与党に勝てない。社民党、れいわ新選組、共産党も含め、どういう形で国民に受け皿を示すかが重要だ」と述べた。

 馬淵氏は、れいわの山本太郎代表が野党共闘の条件に消費税率5%への引き下げを挙げていることに関し「極端な話ではない。彼は本当に野党が結集して戦える態勢作りをしようと言っている」と理解を示した。「(旧民主党で)政権を担った経験があるわれわれがもっと胸襟を開かなければならない」と強調した。

 馬淵氏は11月4日、乗用車の助手席に乗って移動中、奈良県内の国道で乗用車が道路脇の山肌に接触。左手首と右足首を骨折し、小腸を損傷した。「気がついたら集中治療室にいた。ドクターヘリの到着があと10分遅れていれば命が危なかった」と振り返った。「筋肉が分解して内臓の修復に役立った」として、趣味の筋力トレーニングが回復に寄与したと語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ