PR

ニュース 政治

処分情報漏洩「あり得ない」霞が関に衝撃 総務次官辞職

 保険不正販売問題で批判を浴びる日本郵政グループへの処分情報漏洩で、監督官庁の事務方トップ・鈴木茂樹総務事務次官が辞職した。東京・霞が関の省庁では「あり得ない」と驚きの声が上がり、「監督官庁としての自覚が足りない」「行政の信用を大きく損なう」との指摘も相次いだ。

 法務省幹部は「行政処分の検討状況を漏らせば適正な業務執行の妨げになるだけでなく、国家公務員法違反にも当たる。あり得ない」と驚愕。厚生労働省幹部も「こんな不正で現職次官が突然辞めてしまうなんて、衝撃だ」と絶句した。

 情報を伝えた相手は、日本郵政で幹部を務める元総務次官。当事者となった総務省からは「これもOBが所管組織に天下る慣例の弊害だろう」との声も漏れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ