PR

ニュース 政治

露、北方領土付近で日本漁船5隻を連行 違法操業容疑

国後島の古釜布に連行された日本の漁船=18日(サハリン・インフォ提供、共同)
国後島の古釜布に連行された日本の漁船=18日(サハリン・インフォ提供、共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【モスクワ=小野田雄一】北方領土の周辺海域でタコ漁を行っていた北海道根室市の漁協所属の漁船5隻が17日、ロシアの国境警備隊に北方領土・国後(くなしり)島の古釜布(ふるかまっぷ)(ロシア名ユジノクリーリスク)に連行された。ロシア側は違反操業の疑いがあるとしている。北海道庁によると、5隻には計24人が乗船していたとみられる。日本の外務省は18日、ロシア側に早期解放を申し入れた。

 日露両政府は北方領土周辺での漁について操業協定を結んでおり、海産物の種類に応じて日本側の割当量が決められている。今年のタコの割当量は216トン。

 インタファクス通信によると、露国境警備当局は「漁船からは記録されていない6トン以上のタコが見つかった」とし、漁船は漁獲量を過少に記録していた疑いがあるとした。「違反状況の調査と天候悪化のため連行した」とも説明した。

 ロシアは今年1月にも、日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)内で違法にカニ漁をしていたとして、島根県のカニ漁船を拿捕(だほ)。漁船側は日本円にして約6600万円(当時)の賠償金などを支払い、約1カ月後に解放された。

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で「北方四島に関するわが国の立場を踏まえ、ロシア側がわが国の漁船を連行することは受け入れられない」と強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ