PR

ニュース 政治

領土・主権展示館、来年1月21日に開館

 衛藤晟一(せいいち)領土問題担当相は17日の記者会見で、竹島(島根県隠岐の島町)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)などに関する資料を集めた政府の「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門の民間ビルに拡張移転し、来年1月21日に開館すると明らかにした。展示面積を現在の7倍の約700平方メートルに広げるほか、不足していた北方領土に関する展示を充実させる。

 衛藤氏は「展示館がより魅力的で効果的な発信の拠点となるように、関係省庁とも連携して今後の運営に努めたい」と述べた。

 移転先では旧ソ連軍が北方領土を占領する以前の島の暮らしを撮影した写真を展示するほか、プロジェクション・マッピングや拡張現実(AR)などの最新技術も活用。元島民の語り部による講演会も企画する。

 展示館は現在、東京・日比谷公園の一角の市政会館地下1階にあるが、スペースが約100平方メートルと手狭なため、政府は5月に虎ノ門への移転を発表していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ