PR

ニュース 政治

野党、内閣不信任案提出せず 与党との合意受け

会談に臨む立憲民主党・安住淳国対委員長(左)と自民党・森山裕国対委員長=9日午後、国会内(春名中撮影)
会談に臨む立憲民主党・安住淳国対委員長(左)と自民党・森山裕国対委員長=9日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は国会会期末の9日、安倍晋三首相が「桜を見る会」をめぐる問題で説明責任を果たしていないなどとして、野党として提出を検討していた内閣不信任決議案について、提出しない方針を決めたと明らかにした。自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談した後、記者団に語った。

 安住氏は不信任案を提出しない理由について、与党側との協議で、9日朝に大島理森衆院議長に申し入れた会期延長に関し、衆院本会議に上程し、議長が衆院議院運営委員会での議論の結果を報告することになったためだとした。

 また、国会閉会後に衆院内閣委員会の理事会を開き、桜を見る会の公文書管理の問題などを取り上げることでも合意。安住氏は「あらかじめ質問書を提出し、報告を事務方から受ける。閉会中に事実上の質疑をしたい。実質的に中身のある委員会だ」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ