PR

ニュース 政治

廃棄業者社員を逮捕 神奈川県の情報流出、別のHDD盗んだ疑い 警視庁

 HDDは県庁内の共有サーバーで使用。サーバーは富士通リース(東京都千代田区)横浜支店から借り受け、今年2月末にリース期限を迎えて外された。同社はデータの完全消去を下請けのブロードリンクに委託しており、県は4月、HDDを簡易なデータ消去(初期化)をした状態でブロードリンクに引き渡した。

 その後、ブロードリンクでデータ消去を担当する技術職の高橋容疑者がHDD18個を持ち出し、ネットサイトのヤフーオークションにすべて出品。高橋容疑者は出品の事実を認め、「神奈川県庁で使われていたとの認識はなかった。小遣い稼ぎをしたかった」と話しているという。9個を落札した男性がソフトを使ったところ復元できた。未回収の9個は最大3人に落札された可能性があり、県は落札者の特定を急いでいる。

 県は「物理的に破壊して消去するよう、富士通リースとの契約内容を見直したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ