PR

ニュース 政治

野党、内閣不信任案提出は9日判断

会談に臨む(中央左から)共産党・志位和夫委員長、立憲民主党・枝野幸男代表、国民民主党・玉木雄一郎代表ら野党各党の党首ら=6日午後、国会内(春名中撮影)
会談に臨む(中央左から)共産党・志位和夫委員長、立憲民主党・枝野幸男代表、国民民主党・玉木雄一郎代表ら野党各党の党首ら=6日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主、国民民主、共産などの主要野党は6日、国会内で党首会談を開き、安倍晋三内閣不信任決議案提出の可否を今国会会期末の9日に判断する方針を確認した。

 国民は決議案の提出に前向きだが、立民は否決されれば首相主催の「桜を見る会」をめぐる疑惑追及の機運がしぼみかねないと警戒。政府・与党は提出が衆院解散・総選挙の大義になると牽制(けんせい)している。

 主要野党の党首は9日に大島理森衆院議長に40日間の会期延長を申し入れることでも一致したが、与党は応じない構えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ