PR

ニュース 政治

【政治デスクノート】質問通告問題は越年 官僚の長時間残業手つかず

国会質問の通告内容が漏洩したと訴える国民民主党の森裕子参院議員。左は同党の原口一博国対委員長=10月16日、国会内(春名中撮影)
国会質問の通告内容が漏洩したと訴える国民民主党の森裕子参院議員。左は同党の原口一博国対委員長=10月16日、国会内(春名中撮影)

 野党は今国会の最終盤まで「桜を見る会」の追及に力を注いでいるが、大切なことが忘れ去られようとしている。国民民主党の森裕子参院議員が火を付けた国会の質問通告問題だ。主要野党は情報漏洩ばかり指摘したが、官僚に長時間の残業を強いた通告時間の問題は置き去りになったままだ。答弁作成のため深夜の残業を強いる職場は、官僚の早期退職やなり手不足などの深刻な問題も生んでいる。

 「そもそも発端は、巨大台風を前にしても『官僚の残業など知ったこっちゃない』と言わんばかりの態度への反発だった。いつの間にか問題がすり替えられ、職場の環境は変わらない」

 某省に勤める30代の男性課長補佐は、肩を落としながらこう語った。

 今国会も野党のスキャンダル追及は激しかったが、国会の空転は比較的少なかった。その分、課長補佐が答弁を作成するために残業する日も多く、11月の平日のうち、日付が変わる前に帰宅できたのは数日間しかなかったという。

 課長補佐は森氏の一件と直接関係ないが、これを期に、議員側も常識的な質問通告の仕方をしてくれるのではないかと淡い期待も持った。しかし、いまだに通告期限を平然と破ったり、通告内容が「項目」だけで具体性に欠け、再確認が必要なケースはなくならなかった。

 大臣が答弁に窮したり失言する場面を作るため、通告内容をわざとぼやかす議員もいる。今の野党にも、野党時代の自民党にもあったことだ。

 通告や質問案の把握が遅れれば、必然的に答弁作成に取りかかる時間もずれ込む。答弁づくりが明け方までかかり、自宅に丸一日以上帰れないこともある。

 課長補佐は、妻と幼児の3人家族。民間企業に就職した大学の同級生のフェイスブックには、「働き方改革」の進展からか、育児と仕事をうまく両立しているような投稿が多い。一方、自身は、たまに休日が取れても日頃の疲れがたまり過ぎて体が動かず、子育てをうまく分担できないことが多いという。

 労働基準法違反のようにも見えるが、霞ケ関では珍しくないケースだ。私は数年前、別の取材を通じて課長補佐と知り合った。忙しい合間を縫い、東京・虎ノ門のコーヒーショップまで出てきてくれた彼は、自問するようにこう語った。

 「高い志があって役所に入り、税金で給料をもらっているのだから、私たちが働いて当たり前と思う人もいるだろう。ただ、同級生と今の自分を比べると、正直このライフスタイルに疑問を感じてしまう」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ