PR

ニュース 政治

千葉県の森田健作知事が給与、期末手当を一部減額へ 9月の台風15号の対応で責任

9月の台風15号上陸時の対応で責任をとり、給与と期末手当の一部減額を行うことを明らかにした森田健作知事=3日、県庁(永田岳彦撮影)
9月の台風15号上陸時の対応で責任をとり、給与と期末手当の一部減額を行うことを明らかにした森田健作知事=3日、県庁(永田岳彦撮影)

 千葉県の森田健作知事は3日の県議会12月定例会で、9月9日に千葉県に上陸し大きな被害をもたらした台風15号への初動対応について、自身の政治的、道義的責任を問われ「給与、期末手当の減額を行う」と述べた。自民党の実川隆議員の質問に答えた。今後、金額や対象期間など詳細を詰め、条例改正などの必要な手続きを行う。今定例会中に必要な条例改正案を提出する見通し。

 15号上陸時の初動では、15号通過後の9日に県が災害対策本部を設置しなかったことや、翌10日の災害対策本部設置直後に、知事が県庁を離れ、芝山町の自宅に立ち寄った上で、公用車から私用車に乗り換え、富里市内などへ私的な視察を行ったことが判明。対応を検証するため、県が設置した有識者会議でも「危機感が足りない」と批判が相次いでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ