PR

ニュース 政治

安倍首相、桜見る会の名簿破棄と資料要求の関係否定 参院本会議

参院本会議で答弁する安倍晋三首相=2日午後、国会(春名中撮影)
参院本会議で答弁する安倍晋三首相=2日午後、国会(春名中撮影)

 安倍晋三首相は2日の参院本会議で、自身が主催した今年の「桜を見る会」の招待者をめぐり、名簿破棄と野党からの資料要求が同じ日だったことについて関係性を否定した。

 首相は「大型シュレッダーの予約などの調整を行った結果、使用予定日が5月9日となった。予定通り廃棄し、野党議員の資料要求とは全く無関係との報告を受けている」と述べた。その上で「あらかじめ定められた手続きにのっとって廃棄していると承知している」と強調した。

 自民党の森屋宏氏への答弁。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ