PR

ニュース 政治

日印、安保協力を強化 初の外務・防衛閣僚協議 中国海洋進出にらみ

日印外務・防衛閣僚協議で、インドのシン国防相(中央右)と握手する河野防衛相(同左)。左端は茂木外相、右端はジャイシャンカル外相=30日、ニューデリー(共同)
日印外務・防衛閣僚協議で、インドのシン国防相(中央右)と握手する河野防衛相(同左)。左端は茂木外相、右端はジャイシャンカル外相=30日、ニューデリー(共同)

 インド訪問中の茂木敏充外相と河野太郎防衛相は30日午後(日本時間同)、ニューデリーで初の日印外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に臨んだ。自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の早期締結に向けて議論。中国の海洋進出をにらみ、安全保障協力の強化を確認した。

 12月中旬に見込む安倍晋三首相のインド訪問に向けた環境整備の一環。首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想を踏まえ、インドとの連携強化を狙う。

 インド側からはジャイシャンカル外相とシン国防相が出席。冒頭でシン氏は「この会談を通じ、防衛、安保協力をさらに強化させたい」と述べた。河野氏は2プラス2初開催に関し「インド太平洋地域における安保分野での日印関係の重要性が高まっていることを象徴する」と語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ