PR

ニュース 政治

中曽根元首相死去 国民・玉木代表「日本という背骨が真っ直ぐ入った政治家」

衆院本会議 次回選挙も出馬予定の長老組、中曽根康弘元首相(左、85歳)と宮沢喜一元首相(中央、84歳)=平成15年10月10日
衆院本会議 次回選挙も出馬予定の長老組、中曽根康弘元首相(左、85歳)と宮沢喜一元首相(中央、84歳)=平成15年10月10日

 国民民主党の玉木雄一郎代表は29日、中曽根康弘元首相の死去について「まさに『巨星墜つ』という感じだ。背中に日本という背骨が一本真っすぐ入った気骨ある政治家で、国鉄民営化をはじめ戦後政治に大きな足跡を残した偉大な政治家だった」と述べた。国会内で記者団に答えた。

 また、「中曽根氏が言っていたような憲法改正の議論からすると、(今の)自民党内の議論は非常に薄っぺらく、軟弱になっている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ