PR

ニュース 政治

野党、国会審議に復帰へ 「桜」問題で政府から回答

立憲民主党・安住淳国対委員長=29日午前、国会内(春名中撮影)
立憲民主党・安住淳国対委員長=29日午前、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は29日、立民など主要野党が国会審議に復帰すると明らかにした。首相主催の「桜を見る会」をめぐり、野党が求めていた安倍晋三首相らの招待者推薦枠に関する説明が政府からあったためで、安住氏は「国会を再開し、追及する審議を行いたい」と強調した。

 野党側は招待枠について政府側の説明がないとして、29日から国会審議を拒否していた。

 野党は預託商法などを展開して経営破綻した「ジャパンライフ」が、首相から元会長に届いたとする招待状を説明会資料に掲載し、宣伝に悪用したと指摘。その招待状に記された「60」の番号は首相らの推薦枠に該当すると主張し、内閣府が共産党に示した番号が記された資料について、事実関係を確認するよう求めていた。

 安住氏によると「資料は内閣府として提出した資料だ」などと回答があったという。安住氏は「政府側の資料だと確定したと認識する。一定の答えを得た」との認識を示した。

 その上で、今後の追及方針について「なぜ60番台でジャパンライフの元会長に案内を出したのか。どういう経緯で出したのか。ここを聞かないといけない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ