PR

ニュース 政治

野党、「反社会的勢力」照準も手詰まり感 「桜を見る会」追及

 立憲民主党など主要野党は27日、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が参加したとして、追及を強める方針で一致した。この日の「追及本部」会合では警察庁の担当者を呼んでヒアリングを実施。問題の早期幕引きを図る政府・与党を牽制(けんせい)した。

 「反社会的勢力が税金を使った公の行事に出席した。責任者の菅義偉官房長官の進退に関わる」

 立民の安住淳国対委員長は27日の野党国対委員長会談後、記者団にこう語り、厳しく追及する考えを強調した。

 その後の追及本部の会合では、警察庁などの担当者から反社勢力の参加問題に関して聞き取りを実施。会場で撮影されたとされる人物の写真を示し、「反社」に該当するかの確認を求めた。国民民主党の原口一博国対委員長は「日本の信用を回復するために徹底追及する」と強調した。

 しかし、国会審議での追及には手詰まり感も漂う。野党は衆参予算委員会で首相が説明するよう強く要求してきたが、与党側は拒否の構えを崩さないからだ。

 共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「(予算委開催に)応じないことが問題で、キャンペーンを張る必要がある。新聞にはそういうことが出ない」と語り、報道にも不満をにじませた。

 追及本部に名を連ねる中堅議員は「気がついたらシュレッダーの話になっていたり、本丸がどこか分からなくなった」と、焦点が拡散している状況にも懸念を漏らした。(中村智隆)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ