PR

ニュース 政治

ローマ教皇、拉致早期解決を支持 安倍首相と会談

会談に臨むローマ教皇(法王)フランシスコと安倍晋三首相(右)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)
会談に臨むローマ教皇(法王)フランシスコと安倍晋三首相(右)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は25日、ローマ教皇(法王)フランシスコと首相官邸で会談し、日本とバチカンの二国間関係を強化していくことを確認した。日本政府によると、首相は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けて理解と支持を求め、教皇の支持を得た。

 会談で首相は「日本とバチカンは、平和、核なき世界の実現、貧困の撲滅、人権、環境などを重視するパートナーだ」と述べた。教皇は「核兵器のない世界」の実現に向けた日本の取り組みを支持した。

 首相と教皇の会談は、平成26年の首相のバチカン訪問時以来、5年ぶり2回目。このとき、首相が教皇の来日を要請していた。

 拉致問題解決に向けて教皇の支持を得た意義は大きい。教皇はキリスト教カトリック信徒約13億人のトップに立ち、約180カ国・地域と外交関係を持つバチカンの元首でもある。高い情報収集力と発信力を背景に、教皇の言動は国際社会に大きな影響力を持つ。教皇を通じて拉致問題を世界に訴え、解決への機運を高めることが期待できる。

 会談後、首相と教皇は官邸で要人や外交団との集いに出席した。首相はスピーチで「理由もないままとらわれの身となり、解放をまちわびる人々がいる。誰一人として、見捨ててはならない」と強調した。拉致問題が念頭にあるとみられる。教皇は講演で「民族間、国家間の紛争は、対話によってのみ有効な解決を見いだせる」と述べ、対話の重要性を強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ