PR

ニュース 政治

自民・柴山氏「GSOMIAと徴用工問題は別」 桜を見る会は「政権長期化で課題も」

 与野党の政策責任者は24日のNHK番組で、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避や首相主催の「桜を見る会」などをめぐり議論した。

 自民党の柴山昌彦政調会長代理はGSOMIAの失効回避について「土壇場ではあったが韓国が妥当な判断をした。北東アジア緊迫を続ける中、日米韓の連携は大切だ」と歓迎した。一方で「GSOMIAの問題と、いわゆる徴用工問題や輸出管理政策は別問題だ」とも指摘し、今後の日韓関係の展開を注視する考えを示した。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「GSOMIAが維持されたことには安堵(あんど)した」と述べた。国民民主党の泉健太政調会長も同調した上で、徴用工問題について「まず韓国政府の中で解決をしてもらわないといけない」と韓国側の対応を促した。

 桜を見る会をめぐっては、野党側が安倍晋三首相への批判を重ねた。逢坂氏は「政治とカネ、行政の私物化、公文書のでたらめな扱いという安倍政権の3点セットが噴き出した」と指摘し、首相の責任を追及した。共産党の笠井亮政策委員長も「絵に描いたような税金の私物化だ」と批判を強めた。

 柴山氏は「長期政権化する中で招待客も膨らみ、基準の明確化やプロセスの透明化など課題があったのも事実だ。今回の問題をきっかけに見直しをすることが大事だ」と述べた。公明党の石田祝稔政調会長も「どういう基準で招いているのか今一度しっかり検証して、基準を明確にするのは当然だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ