PR

ニュース 政治

日韓外相が会談 首脳会談へ調整開始を確認

会談前に握手する茂木外相(右)と韓国の康京和外相=23日午後、名古屋市(代表撮影)
会談前に握手する茂木外相(右)と韓国の康京和外相=23日午後、名古屋市(代表撮影)

 茂木敏充外相は23日午後、20カ国・地域(G20)外相会議出席のため来日した韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と名古屋市内で会談した。両氏は12月下旬の中国・成都での日中韓首脳会談に合わせた安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談の開催に向け、調整を始めることを確認した。

 一方、韓国側は日韓関係悪化の根本的な原因となっているいわゆる徴用工問題については有効な解決策を示しておらず、茂木氏が早期の対応を重ねて求めた。

 両氏は韓国が破棄決定を凍結した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐっても意見交換した。

 首相と文大統領の首脳会談に関しては、日本政府高官は「韓国側が(徴用工問題で)どのように対応するかで決まる」とし、韓国側が徴用工判決で生じた国際法違反状態の有効な解決策を提示できるかを見極める考えを示している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ