PR

ニュース 政治

GSOMIA失効回避 日本政府歓迎 ぎりぎりまで韓国に方針転換求める

記者団から日韓GSOMIAの継続について記者団の質問に答える安倍晋三首相=22日午後、首相官邸(春名中撮影)
記者団から日韓GSOMIAの継続について記者団の質問に答える安倍晋三首相=22日午後、首相官邸(春名中撮影)

 日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐり、韓国が失効を回避する方針を表明したことを受け、政府内からは一様に歓迎の声が上がった。茂木敏充外相は名古屋市内で記者団に対し「現下の地域の安全保障環境を踏まえ、韓国も戦略的な観点から今回の判断をしたと受け止めている」と評価した。

 「今回の決定はぎりぎりだった」。ある政府高官は23日午前0時に失効する予定だった協定をめぐる交渉をこう振り返った。ただ、失効回避に向けた予兆はあった。

 政府筋によると、失効回避の感触は22日よりも前に日本側に伝わっていた。菅義偉官房長官も失効回避が表面化する直前に行った22日の記者会見で、日韓当局間で交渉を続けていると説明。これまで何度も繰り返してきた「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応であり、極めて遺憾だ」とする韓国への厳しい表現も避けていた。

 河野太郎防衛相も22日、記者団に「引き続き協定にのっとった情報交換など日韓、日米韓の連携をしっかり続けていきたい」と強調。「日米韓が連携し、厳しい安全保障の状況にあたっていきたい」と述べた。

 ただ、協定の失効が回避されたとしても、日韓間にはいわゆる徴用工問題などの課題が山積している。茂木氏も最大の課題が徴用工問題だとの認識を示した上で「韓国側に一日も早く国際法違反の状態を是正するよう引き続き強く求めていきたい」と語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ