PR

ニュース 政治

韓国なお安保意識にずれ 米のくびき脱し「自主国防」目指す GSOMIA失効回避

 北朝鮮を対話や協力の相手とみる文氏には、そもそも北朝鮮を敵に位置付けた安保意識は希薄だった。18年の国防白書から「北朝鮮は敵」とする表現が消え、韓国国防省は「周辺国への備え」に比重を置き始めた。中国やロシアも含む概念だが、竹島(島根県隠岐の島町)周辺での軍事訓練を強化する韓国にあって周辺国は日本も意味すると常識的に考えられている。

 与党「共に民主党」の李海●(=王へんに賛の夫がそれぞれ先)(イ・ヘチャン)代表は22日、会議で「GSOMIAは重要だが、必須不可欠でない」と述べていた。政権内には、日米韓協力のため渋々維持してきたとの認識が強い。

 トランプ大統領が在韓米軍駐留経費の大幅負担増を韓国に迫り、米韓協議が物別れに終わる中、米韓間の相互不信も高まっている。日米韓安保協力の完全修復にはほど遠い現実がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ