PR

ニュース 政治

桜を見る会 首相推薦枠は1千人、自民は6千人

衆院内閣委員会で桜を見る会についての質問に答弁する菅義偉官房長官=20日午前、国会・衆院第13委員室(春名中撮影)
衆院内閣委員会で桜を見る会についての質問に答弁する菅義偉官房長官=20日午前、国会・衆院第13委員室(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は20日午前の衆院内閣委員会で、今年の「桜を見る会」招待客の推薦枠に関し、自民党関係者の推薦が6000人、安倍晋三首相が1000人だったと明らかにした。

 菅氏は「長年の積み重ねの中で、だんだんと人数が増えてきたことは事実だ。反省し、招待基準の明確化や招待プロセスの透明化など全面的な見直しに取り組む」と重ねて述べた。

 菅氏は会の招待者約1万5000人について、約6000人は各省庁推薦の各界功労者や各国大使、国会議員、勲章受章者が占めていたと説明。残りの約9000人については自民党関係者などから推薦を受けて招待客を招いていたとした。

 その内訳は自民党関係者が約6000人、首相が約1000人と明らかにした。そのほかにも国際貢献・芸術文化などの特別招待者や報道関係者、公明党関係者、元国会議員が計約1000人、副総理や官房長官、官房副長官が計約1000人だったという。

 また、大西証史内閣審議官は同日の衆院内閣委員会で、首相事務所が参加希望者を募る際、昭恵首相夫人による推薦もあったと答弁した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ