PR

ニュース 政治

【産経・FNN合同世論調査】「桜を見る会」「英語試験」で支持率下落、攻防激化へ

「桜を見る会」で「ももいろクローバーZ」のメンバーらと記念撮影する安倍晋三首相(中央)=4月13日、東京・新宿御苑(酒巻俊介撮影)
「桜を見る会」で「ももいろクローバーZ」のメンバーらと記念撮影する安倍晋三首相(中央)=4月13日、東京・新宿御苑(酒巻俊介撮影)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日に実施した合同世論調査では、野党が政府を追及している首相主催の「桜を見る会」や大学入学共通テストの英語民間検定試験をめぐり、政府方針を支持する意見が半数を超えた。一方で、安倍晋三内閣の支持率は下落し、後半国会で与野党の駆け引きが激化しそうだ。

 政府は桜を見る会の来年度の中止を決め、再来年度以降は再開させる方針だ。調査ではそれぞれ「評価する」(58・3%)、「再開してもよい」(59・4%)が6割近かった。

 支持政党別でみると、中止を「評価する」と答えたのは、自民党63・9%、公明党64・8%だった。立憲民主党51・5%、共産党48・5%、日本維新の会74・4%で、それぞれ「評価しない」を上回った。れいわ新選組では「評価しない」の48・9%が「評価する」(47・1%)を上回った。

 再来年度以降に関し「再開してもよい」と答えたのは自民67・6%、公明52・5%、維新が50・2%。立民が48・0%(「廃止すべきだ」48・2%)、共産が47・7%(同50・2%)、れいわが48・4%(同43・7%)で、「再開」が半数を下回ったものの、「廃止」と拮抗(きっこう)した。

 内閣支持率への影響があったとはいえ、政府方針にも一定の支持があることで与党は早期の幕引きを図る考えだ。これに対し野党は国会で直接首相を追及することで政権にさらなる打撃を与えようと狙っている。

 ただ、政党支持率は10月の前回調査に比べ立民が0・5ポイント増の7・8%、共産が1・1ポイント増の3・2%、維新が1・3ポイント減の3・0%、れいわが1・0ポイント増の2・5%で、政権批判が野党支持につながる効果は限定的ともいえる。

 首相は先週末の15日、桜を見る会や前日の夕食会について約20分にわたり官邸で記者団の取材に応じ、自らの事務所の収入や支出はなく、政治資金収支報告書に記載する義務はないなどと説明していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ