PR

ニュース 政治

日韓防衛相1年ぶり会談へ 失効迫るGSOMIA焦点

河野太郎防衛相(春名中撮影)
河野太郎防衛相(春名中撮影)

 【バンコク=田中一世】河野太郎防衛相は17日、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議が開かれるタイ・バンコクで、韓国の鄭(チョン)景(ギョン)斗(ドゥ)国防相と公式会談に臨む。日韓防衛相会談は昨年10月以来、1年1カ月ぶり。23日午前0時に失効期限が迫る軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について継続を求める。

 17日は日韓の後、日米韓3カ国の防衛相会談も予定されている。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返す中、GSOMIAが破棄されれば日米韓の軍事的な結束が弱まると懸念している日米が、韓国に再考を促す構図になりそうだ。

 日韓両国は平成28年11月、北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応を強化する狙いから、軍事情報をやりとりする際の情報保護を取り決めるGSOMIAを締結した。しかし、韓国政府は今年8月、日本による対韓輸出管理厳格化を理由に破棄する方針を決めた。日本政府に輸出管理厳格化を取り消す考えはなく、河野氏は「ボールは韓国側にある」と述べる。

 米国は韓国への働きかけを強めている。エスパー国防長官は15日、文(ムン)在(ジェ)寅(イン)大統領や鄭氏にソウルで会い、再考を促した。鄭氏はGSOMIAの重要性を認識しているが、決定権を持つ文氏は破棄決定を見直すのは困難との見解をエスパー氏に示した。日本政府内では破棄は避けられないとの見方が大勢だ。

 河野氏は17、18両日、エスパー氏やASEAN諸国、インドなどの防衛相とも会談し、18日の拡大国防相会議に出席する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ