PR

ニュース 政治

米軍制服組トップ「韓国にガツンと言ってくる」 茂木外相との会談で

米韓の軍事委員会に先立つ歓迎式典で言葉を交わす米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長(右)と韓国軍制服組トップの朴漢基・合同参謀本部議長=14日、ソウル(聯合=共同)
米韓の軍事委員会に先立つ歓迎式典で言葉を交わす米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長(右)と韓国軍制服組トップの朴漢基・合同参謀本部議長=14日、ソウル(聯合=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 茂木敏充外相は14日の自民党竹下派(平成研究会)の会合で、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と12日に会談した際、韓国が破棄を通告し、23日に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に極めて強い懸念を示したことを明らかにした。

 茂木氏は会合で「ミリー氏は物事をはっきりと言う人だ。『相当、ガツンと言ってくる』と話していた」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ