PR

ニュース 政治

菅長官「桜を見る会」招待客の選定基準見直しに言及「検討が必要」

会見に臨む菅義偉官房長官=12日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=12日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、首相が主催する「桜を見る会」に安倍晋三首相が多数の後援会関係者を招いているとして野党が批判を強めていることに関し、招待客の選定基準の見直しや明確化などについて「政府として検討していく必要がある」と述べた。

 また、菅氏は招待客名簿を同会の終了後、すぐに廃棄していることについて「招待者名簿は会の終了をもって使用目的を終える。全て保存すれば、個人情報を含んだ膨大な量の文書を適切に管理する必要が生じる」と説明。「内閣府が保存期間1年未満の文書として、終了後遅滞なく破棄する取り扱いとしている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ