PR

ニュース 政治

枝野代表を翻弄 山尾、塩村、石垣の立民・個性派3氏

立憲民主党の山尾志桜里衆院議員
立憲民主党の山尾志桜里衆院議員
その他の写真を見る(2/2枚)

 石垣氏は10月30日に「消費税は廃止」「最低でも5%への減税」と訴えるれいわの山本太郎代表らが共催する「消費税減税研究会」の初会合に出席した。立民は10%への増税に反対したものの、大幅な減税には慎重姿勢を崩していない。

 それでも、石垣氏は記者団を前に「私は宮城選挙区で『上げるべきは賃金であり、消費税ではない』と訴え、党公認候補として改選1人区の中で唯一、当選を勝ち得た人間だ」と述べて胸を張る。今後も消費税廃止を訴え続ける考えだ。

 3氏はいずれも発信力が強く、その主張は憲法、外交、消費税という根幹政策に関わる。対応を誤れば「バラバラ政党」ぶりが改めて浮き彫りとなることは避けられず、枝野氏の心境も穏やかではなさそうだ。

(千田恒弥)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ