PR

ニュース 政治

枝野代表を翻弄 山尾、塩村、石垣の立民・個性派3氏

立憲民主党の枝野幸男代表は足元の個性派議員に手を焼いている?(春名中撮影)
立憲民主党の枝野幸男代表は足元の個性派議員に手を焼いている?(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の枝野幸男代表が、党の方針に沿わない女性議員たちに翻弄されている。山尾志桜里衆院議員が改憲論議に前向きな発言をすれば、塩村文夏参院議員は安倍晋三政権の対韓外交を批判。石垣のり子参院議員は消費税廃止を主張し、“ライバル”のれいわ新選組と歩調を合わせる。「多様性は力だ」と訴える枝野氏だが、足元の個性派には手を焼いているようだ。

 「国会で発言したら、代表に公の場で『不快感を表明』されてしまった、という事象をこのままスルーすると、党所属の普通の議員は普通に委縮(いしゅく)すると思う。これは本当に問題」。山尾氏は9日付のツイッターにこう記し、7日の衆院憲法審査会で活発な憲法論議を呼びかけた自身の発言に不快感を示した枝野氏に反論した。

 山尾氏は審査会の場で「手続きの議論が終わらない限り、憲法の中身に一切入れないのもおかしい」と主張したが、立民は安倍政権下の改憲論議に慎重な立場だ。枝野氏は7日の記者会見で「『山尾氏の発言は問題ではないか』との指摘もあり、議事録などを取り寄せ、本人の話もうかがっている。その結論を待ちたい」と述べた。

 7月の参院選で初当選した塩村氏は、4日付のツイッターで「失ったマーケットは二度と戻ってこない」などと発信し、安倍政権による半導体材料の対韓輸出管理厳格化に不満を表明。枝野氏は7日の記者会見で対韓外交について「日本政府の姿勢を支持する」と述べており、塩村氏の見解と方向性は一致していない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ