PR

ニュース 政治

野党、桜を見る会追及へ 「首相が税金で後援会招待」

立憲民主党の安住淳国対委員長
立憲民主党の安住淳国対委員長

 立憲民主党の安住淳国対委員長は11日、例年春に都内の新宿御苑で開催されている首相主催の「桜を見る会」に関し、安倍晋三首相が多数の地元後援会員を招いている可能性があるとして、事実関係を調査する意向を示した。安住氏は「(事実なら首相は)辞職せざるを得ない」と強調した。国会内で記者団に語った。

 この問題は8日の参院予算委員会で共産党の田村智子参院議員が指摘。安住氏は11日、共産の穀田恵二国対委員長と国会内で会談し説明を受けた。今後、野党各党に呼びかけて追及チーム立ち上げなどを協議するという。

 穀田氏は会談後、記者団に「首相が後援会の行事を税金で賄っているなら、ことは大ごとだ」と述べた。

 桜を見る会は、旧民主党政権時代には当時の鳩山由紀夫首相が開催した。安住氏は「首相が何人かを推薦して来るのは当たり前だと思うが、自分の後援会の八百何十人も招待するのは異様ではないか」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ