PR

ニュース 政治

海老名市長選の投票続く 会社社長と現職、N国党首の3氏争う

 任期満了に伴う神奈川県海老名市長選は10日午後、投票が続いた。即日開票され、夜に大勢が判明する見通し。無所属新人の経営コンサルタント会社社長、氏家秀太(52)、5選を狙う無所属現職内野優(64)、NHKから国民を守る党の党首、立花孝志(52)の3氏が立候補した。

 9月から実施した家庭ごみ一部有料化や、現市政継続の是非が主な争点となった。立花氏は次期衆院選に向けN国の党勢拡大も狙い、落選した場合は17日告示の奈良県桜井市長選などに出馬するとしている。

 氏家氏はごみ有料化に反対し、内野氏の多選を批判した。

 内野氏は保育所の定員増など現職の実績をアピールした。

 立花氏はNHKの集金人の戸別訪問を禁止する条例制定を掲げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ